音楽的雑談

ブライアンウィルソンのIt’s Over Nowのデモが素敵な件 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

えへへ。ゲーテちゃんですよ。

あなたはブライアンウィルソンを知っていますか?

ええ。言わずと知れたビーチボーイズのリーダーであり、不世出の天才といわれておるあの男ですよ。

もう70代の立派なおじいちゃんですが、ワタシの中ではいつまでも60年代の頃の若々しいイメージで止まってます。だから最近の写真見るとびっくりしますよ。

ところで最近YouTubeを見ていたら、ブライアンのデモ音源で素晴らしいものを見つけました。

マニアなら多分めずらしくもなんとも無いんでしょうけど、まあこういったブログで取り扱われているのを見た記憶もほぼないし紹介しますよ。

ブライアンの天才性を感じる

Adult Child AlbumのIt’s Over Now

この曲は、ビーチボーイズの1976年のアルバム「Love You」の後に制作された「Adult Child Album」に収録予定だった曲なんですよね。「Adult Child Album」は結局お蔵入りになってしまって正式には未発表です。

んで、そのアルバムに収録予定だった曲のほとんどがオーケストラアレンジで、50年代以前のミュージカル映画で流れそうな感じなんです。

これも、ほとんどYouTubeで聴けます。秀逸な曲が多く世に出なかったのが悔やまれるばかりです。時代背景を考えるとディスコ全盛でこの音・・・時代遅れと映ったのでしょうか。

このアルバム正式に発表してくれないかな。名作だと思います。

収録曲の中に「It’s Over Now」という曲がありまして、この曲が良いんですよね。

カールがメインで歌っていて、途中でブライアンの当時の妻マリリンが歌う。フランクシナトラみたいな曲です。まあこのバージョンは確かにいいんですが、ワタシが紹介したいのはこれではなくデモの方です。

It’s Over Nowのデモ

やはりこのブログで紹介する意義があるのは正規版よりもデモ版でしょう(笑)

そう。この曲のデモ版。海外の方がYouTubeにあげていたのを聴いたんですが。

これ、すげえ良くないですか?

正直、カールの歌うオーケストラバージョンより遥かに良いんですよ。なんでだろ。

雑音だらけだし、何回もミスるし、とにかく未完成。

でも曲作りをする人間にとって、この曲はブライアンの天才性を肌で感じ取れる恰好のサンプルです。ピアノ弾き語りのため、とにかく曲の構造が見えやすい。コードの組み立て方がかっこいいんです。

これは、作曲家のたまごは是非聴いたらいいですよ。

曲作ってて、こんなコード進行思いつかないでしょ。ワタシは別にコード進行信者ではありません。しかしこのデモのアレンジを聴くとこのまま録音してそのまま発表すればよかったのにって思います。

スポンサードリンク

これ聴くと、Surf’s Upの弾き語りの映像を思い出すんです。

そういえばSurf’s Upもそのまま弾き語りのデモで出せば良かったのに。正規版は好きですけど、ブライアンの弾き語りのままの方が生々しくてゾクゾクします。(しかもダブルトラックのボーカルでワタシの好み充分(笑))

きっと権利関係もあるだろうし、リンクは貼りませんが

Brian Wilson It’s Over Now(Demo)

これで検索してみて下さい。トップに出てきます。YouTubeの動画です。

合わせてお勧めの曲

この曲に合わせて他のも紹介しておきます。

★In Back Of My Mindのデモ

これは以前のビーチボーイズの事を書いた記事でも紹介した曲です。これもブライアンの弾き語りによるデモですが、ホントに良い(笑)正規版はオーケストラをバックにデニスが歌っていますが、それより遥かに好きです。これもYouTubeで視聴可能です。

一番最近のブライアンのソロアルバム「No Pier Pressure」のボーナストラックとして正式に発表されています。

★Still I Dream Of Itのデモ

これも「Adult Child Album」の収録曲ですが、ワタシが紹介するのはデモの方です。

そしてこれもピアノ弾き語りのデモ。これも素敵。そのまま出せってばよ。ホントに・・虚飾なアレンジはブライアンの曲には必要ないのかもしれません。むき出しのままが一番伝わるものが大きいです。

これはブライアンの1995年のソロ「I Just Wasn’t Made For These Times」に収録されています。

是非これらのデモ、一回でも聴いてみて下さい。刺激になるといいですね。こんな曲作れたらなあ・・と嫉妬しちゃいますけど、あなたはあなたの名曲をつくるしかありませんので。

とにかく作りまくれ(笑)

それではまた。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*