オリジナル作曲方法

【曲作り】クオリティアップの為に必要で見過ごしがちな他者の存在とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

オイッス!オデ。

ゲーテちゃんでゲス。

茶番はこのくらいにして・・・

あなたはご存じだろうか?

このブログは作曲支援ブログです。

・・・ホントか?

どこが支援なんだ?

ただ好き放題言いたい事を垂れ流してるだけだろう?

しかもオリジナル曲を作るなど理想を掲げのたまいながら、

オリジナルというものは実はなく、既にあるものを組み替えたものがオリジナルらしきものの正体と平気な面で開き直っているのです。

でも事実でしょう。

100%オリジナルなんてありえない。

全ての作品は、何らかの影響下にありそこから逃れられていない。まあ別に逃れる必要もないというのがワタシの見解ですよ。

そもそも既にあるその形が好きで、始めたことなんだから。

そこから大きく逸脱するわけもなく、再生産しているのです。どんなジャンルの音楽であってもそれは同じ。革新的な音楽と言われたものでも、しっかり元があるんですよね。

じゃあ何のためにやっているのか。

なぜ作るのか?

既に素晴らしい作品はたくさん生まれているんです。これ以上作る意味があるんでしょうか?

お金のためか。

名声のためか。

よりよい作品を生み出せるという驕りか。

それとも単なる自己満か?

どれも当たっていて、どれも微妙に違う気がしますね。

ワタシ個人としては、お金と名声は要らない要素である・・とまでも言い切れないのが悲しい(笑)

だって自分の作品に対して評価は欲しいし、お金だってくれるならもらいますよ(笑)

まあSNSのいいね!はイランけどね。お付き合いの接待ですからね、いいね!は。

まあそもそも、もらったこともないんですけどね(笑)

よりよい作品を生み出せる・・少しは思ってますよ、そりゃ。あくまで自分基準ですけどね。

自己満・・否定できねえ(笑)

じゃあ何なんでしょうね。

なんでワタシは25年もよくわからない行為を続けているんでしょう?

音楽で稼いでいるわけでもない、知名度もないが、より良い作品を生み出したいし、自己満足したい。

それだけなのか、本当に。

伝えたい事がない

過去の作品を顧みて、共通していることがありました。

それは「歌詞に意味がない」こと。

ワタシはこれまで音こそすべてで、歌詞に意味があろうがなかろうが関係ないと思っていました。

だから、言葉遊びで音としてすらすら流れていく歌詞が好きだったんです。

そんなだから、巷にあふれる「かっこいいこと言ってる歌詞」を何となく毛嫌いしていたんです。

それは逆説的に見てみれば、「伝えたいことが無い」と言ってるようなもんですよね。

うわべだけのカッコよい歌詞もダサいけど、何も伝えたいことがないってのもダサいですね・・

このブログでももっともらしい理由付けて、歌詞なんて意味なくてもよくね?みたいに話してきましたけど。

やっぱり伝えたい事はあった方がいいですよね(笑)

なんで、伝えたいことがなかったのか。

簡単でした。

ずっと自分のためだけに作ってきたから(笑)

スポンサードリンク

自分のためにやってるんだもの、伝える必要がそもそもない(笑)

人が絡むと意欲が湧く

でも例外もありましたね。思い返せば・・

20歳の頃に、友達が歌詞書いたから曲付けてくれ。なんてことがありました。

他人の歌詞で、しかも表現も稚拙。でもその歌詞に曲を付けるっていうことはすごく楽しかったですね。実際それが出来て友達とアコギ片手に合わせて歌ったんですが、大層喜んでましたね。

想像と違うモノだった。とは言われたけど、気に入ってくれたようなので良かったなあと。

ある友達の彼女が、彼女の親友に向けての歌詞を書いたから曲付けてくれっていうこともありましたね。

その時も喜ばれた記憶があります。

人の歌詞でも、誰かに伝えたいことが曲に乗ると人を喜ばせることだってできるんですね。

自分で意味を込めて書いた歌詞ももちろんあります。

それは自分の事を書いた歌詞ではなく、人のことを歌った歌詞。

そういう歌詞の乗った曲って何故か完成度高いんですよね。しかも意欲的に取り組み完成も早かった記憶があります。悔しいけど事実です(笑)

歌詞に意味なんてイラネ。などと強がり、意味のある歌詞が曲をよりよくすることに気づいていながら何故目を背けてきたのでしょうか。

人とかかわるのめんどくせえ

まあ・・これですよね原因。

結局今まで門外不出でやってきたのって、人と関わりたくないからなんですよ。

勿論親しい人間、数人に聞かせたりとかはしてきましたけど。

知らない人間の評価を受けたくなかっただけだったんでしょうね、多分。

こんなもんダメだ。って否定されるのが嫌だったんでしょう。

だからこその歌詞の意味のなさだったり、ひとり引きこもって黙々と作り続けたんでしょう。

でもねえ・・

さすがにひとりで完結する世界って狭いし、もう限界に達した感がありますね、マジで。

多分今からでも人と交わることによって、新しいものが生み出せるんじゃないか?

ワタシは40手前のオッサンですが、今から外に出てもいいですかね(笑)(人に聞くことじゃねえ)

今色々なことを学んでいる最中で、心境の変化、価値観の変化が凄い勢いで起こっています。個人的な事ですけど。

ワタシにも伝えたいことがようやく出てきたんです。

作曲のノウハウなんかより伝えたいことがね。

伝えたいことがある。ということは、人と関わらなければならないんです。

もう逃げちゃだめよ。俺(笑)

これを読んでいるあなたがどんな人か分かりませんが、今まで独り善がりな作品を作っていたとしても、誰かに伝えたい何かを加えることによって作品のクオリティが倍増するのは間違いないですよ?

それは過去、身をもって体験したことです。

このブログの今後のスタンス

交われ、関われ、繋がれ。

というわけで今後は、このスタンスで行きます。

とはいっても大して内容は変わらないでしょうけど。少なくとも歌詞に関しては他者を意識したものになることは間違いない。

もう言葉遊びでごまかさないようにね。でもまじめ腐ってばかりでも面白くないので、中庸でありたいと思います。

過去の作品も紹介しますけど、今後はなるべく新しい作品を作って、それを材料に曲作りってこんな感じだよってのを発信していきたいと思います。

どうぞよろしく。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*