オリジナル作曲方法

【作曲法】誰でも出来る一つのメロディを繰り返す曲で真のオリジナルを掴め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

暑いわね・・あたしの事覚えてる?

何?知らない?

ゲーテちゃんよ、失礼ね!

暑すぎて一人芝居しちゃったじゃないのよ!何やらせるのよ、この田吾作が!

しかしあれよね?もうこれだけ暑いと作曲なんてバカバカしくてやってらんないわよね!

何よ?

あなたまだ悩んでるわけ?

大分前にもあなたに教えたことあったわよね?それで悩み解決したじゃない。もうバリバリオリジナル作品量産しまくってるんでしょ?

何?1曲も出来てないですって?

何なのよ、あなた!

もうあなた向いてないわよ!ハッキリ言って!なんで作曲に固執してるわけ?あなたもう永遠にリスナーやってればいいじゃない!その方が楽でいいじゃないの!

なに・・見捨てないでくれ?

・・・しょうがないわねあなた・・

これが最後のチャンスよ?これを逃したらあんたもう・・ホントないわよ。

何故曲が出来ないのか?

あなた。大体何をそんなに悩んでるのよ?

悩んでる暇あったら作りなさいよ。その方が作曲出来るようになるでしょ?

何ですって?

作っても作っても誰かの曲みたいになる?

当たり前じゃないのよ!そんな事。あなた!何を目指してるわけ?

いい?

現在、いいえ。これまで生み出されてきた数多くの音楽。古今東西、ありとあらゆるすべての音楽の事よ?

100%誰かの真似なのよ。パクリよ!極論かもしれないけど!

現代において、巨匠とされている人たちの作品だってそうなのよ!バッハだってベートーヴェンだってチャックベリーだってビートルズだってみんな同じよ!

全て自分たちの先輩から受けた影響で音楽を作ってきている。

ゼロから全く新しいものなんて生み出せるわけないじゃない!このあんぽんたんが!

あんたみたいなひよっこが誰かの作品に似て悩む?

10年早いわ!

むしろ究極コピーみたいな音楽生み出してみろや!

それも出来ないうちから、似ることを恐れてんじゃねえよ!

・・失礼。つい声を荒げてしまったわ。

大気圏外にしか新しい音楽は存在しないか?

でも、これって本当の事よ。どの音楽家も誰かの影響下にある。

つまり100%オリジナルな作品なんてこの世に存在しない。だから、もし100%オリジナルなんて呼べるものが現れたとするなら、それは今あたしたちが「音楽」と呼んでいるものとは、もはや違うでしょうね。

だとしたら、それはそれで聴いてみたいわね。ロマンだわ!

地球人の発想を超える音楽。宇宙にはあるかしら・・

でもあたしは仮に宇宙に音楽が存在していたとしても、意外と地球製音楽と変わらないんじゃないかと思ってるのよね。

あなた。黄金比って知ってるかしら?

まあ知らなくってもいいけど、無意識で美しいと感じる比率の事ね。名刺とかPCのディスプレイとかにもその比率が応用されているわね。勿論モナリザもそう。サグラダファミリアもそう。appleのロゴもそう。

まあ例をあげたらきり無いからやめるけど。自然界にもたくさんあるわ。ていうか自然界のモノはなんだって美しいけどね。単体では違っていても、すべてを俯瞰した時、黄金比になっている可能性はある・・

この黄金比が凄いのは、宇宙に存在しているものにもあてはまるってことなの。

音楽にもあたしたちが無条件に美しいと思える瞬間があるじゃない?

ってことは、宇宙にも地球が作り出した音楽に似たものが存在していても何ら不思議ではないわよね・・

美しいと思えるものは、地球も宇宙も共通しているんだから!

・・話が脱線し過ぎたわ(笑)

誰かに似ていても気にならない方法

誰かに似てしまう。

確かにこれじゃオリジナルとは言えないかもしれない。

スポンサードリンク

でも、そんな事気にしてたら何時まで経っても曲なんてできやしないじゃない!

・・とはいってもよね。

やっぱりなるべくなら、個性的でありたいわよね。

まあそもそも、個性って無理やり作るもんじゃないけどね、にじみ出るのが個性さん。

じゃあ、このブログでもたびたび紹介している方法で作ってみなさいよ!

「ワンフレーズから1曲つくる」

結局コレジャナイ?

コード進行から作っていったりすると、「あの曲に展開が似てる」みたいに陥りがちだけど。

鼻歌からメロディを生み出し、尚且つそのメロディをひたすら使い倒せばいいじゃない。

1つのメロディで可能な限り、展開してみればいいじゃない?

この方法でさえ、完璧に誰かの影響下から逃れることは出来ないわ。アレンジは誰かみたいになってしまうだろうし、メロディだって誰かみたいなラインかもしれない。

オリジナルって誰かから受けた影響を自分なりに再構築したものじゃない?

その自分なりっていうのも、また人から影響を受けたものではあるけれど。

でも、その組み合わせ、再構築の仕方にあなたの個性があるんじゃない?

同じ音楽を聴いていても、人それぞれ感じるところは違うはず。

つまりあなたの中の音楽を作るというフィルターを通し誰かから受けた影響を再構築し、あなたが美しいと感じる音楽を作る。

これが出来れば、あなたは真の意味でオリジナルな曲を生み出すことが出来るんじゃない?

これなら人に似ていても気になりようがないじゃない?分かるかしら。

何かチンプンカンプンな顔してるわね?

いいのよ!別にハッキリ理解しなくても。でも、あなたが美しいと思える黄金比で出来た音楽を作るってことは忘れちゃだめよ!

あたしなりの黄金比で作った曲

ちなみにワタシが過去に作った曲をあなたに聴かせてあげる。

この曲も一つのメロディをひたすら繰り返す曲なのよね。しかもバンドで演奏出来る曲って制約も設けて作ったのよ。だから凝ったアレンジなんて出来なかったけど、これは今でもお気に入りよ。

あたしが無意識で美しいと感じる要素。

分厚いコーラスやら、ダブルトラックの歌やら、バンド的な演奏だったり。

これらが過不足なく盛り込まれているから、今でも気に入っているのよね。自画自賛っぽくて申し訳ないけど。万人に対しての黄金比じゃないからある意味偽物だけどね(笑)

まあ、ワタシは紛い物もいいと思ってしまう質なんでしょうがないわね(笑)

参考程度に聴いてみたらいいわ。

Eye La View  2003年制作

いい?

もう、うじうじはやめなさい。

美しい音楽を作るためにひたすら邁進すべきよ。

体は弛めて、最大限の力を発揮なさい。

それじゃ、またね。

※今回は意図的にオネエ口調で書いてみました。やっぱこの方が書きやすいな・・・

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*