音楽的雑談

毒親の特徴を見ていくと・・あれ?これってあなたや私の事じゃないか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

前回、ユーチューバーについて記事書いたんですけど・・

今回は毒親について書きたいと思います。

ユーチューバーが子どもに良くない影響を与えていることは、何となく感じてらっしゃる方も多いでしょう。

でもまさか自分もそうだと思っている人は、あまり多くないんじゃないですか。

いわゆる毒親です。

毒親って言っても色んなタイプがあるようです。

過保護過干渉タイプ、放置否定タイプ・・

だから自分が毒親だと気づいていない人も多いのではないでしょうか・・

特に多いと思われるのが

過干渉過保護でしょう。

なぜこうなってしまったんでしょうか。

毒親の自覚

ワタシ自身を顧みてみますと、子どもの頃やたら過保護だったり、干渉されたことなんてなかった気がします。

勉強しろと口うるさく言われたこともなかったし、興味があることを否定されたこともなかった。だからワタシの親は毒親ではなかったはずです。

身に覚えのない人は多いと思われます。

でも、いつの間にかワタシたち親は、過保護過干渉になってしまっていた。

というか現代の親はほとんどこれじゃないか?極端な過保護、もしくは極端な放置。2極化。

何故でしょう。

自分自身を見てみると、

どうもワタシには子ども時代に人見知りを克服出来なかったための、激しい劣等感があるようです。あまりにも人見知りのために、自分の意見をハッキリ言えず人付き合いに気後れするような性格でした。

大人になって徐々に克服して、今では人付き合いも(おそらく)普通にできるようになりました。が・・

それでも、当時のみじめな記憶がフラッシュバックしたりします。未だに。

みじめな思い。大なり小なり誰にも経験ありそうですが。

そのようなトラウマが、子どもに向いてしまう可能性はあります。

自分のみじめな気持ちを繰り返させまいと、気負いすぎて逆に過保護になってしまうんでしょうか。

子どもの生活態度にアレコレ口出し、スケジュールを決めさせ、挙句長時間勉強させる。

これは、毒親の特徴そのものですね・・

これからどう向き合うか

このまま突き進むのは危険ではないか?

自分たちの偏見で縛り付け、自分で考え行動出来ない人間になってしまうのではないか。

おそらくは今の状況を本人に確認すると、最初ははぐらかすでしょう。

しかし、やりたいことはないのか?

ホントにやりたい事って何?

途中で本音が出るようであれば・・話を聞いている間、明らかに動揺が見えるようであれば、追いつめていたことになります。

そこで自分がはっきり毒親だと自覚できるでしょう。

親が好きな事を大人の特権と称してのうのうとやっていながら、子どもには好きなことをさせないなんて滑稽にもほどがあります。

事実、好きな事の話になった時、子どもはとても活き活きと話してくれますよね?

これ以上子どもに何を望む?

今現在、地球の置かれている悲惨な状況。

抗いようのない階級ピラミッド構造。お金が絶対的な一つの宗教と化していること。富を持ちながら、助けるすべを持ちながら知らぬふりをする人たち。見捨てられる人たち。

テストで点数を取るための勉強を強いることより必要な学びはたくさんあるはずなのに、学校では教えてくれないこと。

(そもそも学校のテストなんて、クイズ番組と何が違う?本質的な学びが得られないことに危機感を持つ必要があるよ。語呂合わせで覚えた化学記号や歴史が、生きるうえでどう役立つというのだ?)

スポンサードリンク

 

これらを知っていなければ、それこそ安易にユーチューバーに憧れるなんてことになってしまうからです。

まだワタシも学びが足りませんから、これからは子供とともに学んでいくしかないですね。

ちなみに、大人になってから勉強すると楽しいっていうけど何故だと思います?

そりゃ簡単なことです。

自発的に学びたい、知りたいと思ったことを勉強するからです。

だから本当に大事な学びが必ずしも学校で得られるとは限らないのです。

親は何もせず信じるのみ

あなたもひょっとして毒親じゃないですか?

ネットには毒親チェックリストなるものがあります。検索すればすぐ出てきます。

まあそんなものでチェックするまでもなく、自分の子供が感情を押し殺すように、親の言う通り反抗せず黙々と勉強なんかしているようであれば・・・間違いなくあなたは毒親でしょう。

結局、親が持っている偏見を押し付けてるだけなんですよね。

そもそも大量に勉強して、良い学校に入って、一流の企業に勤めても、最悪の結末になる・・ついこの前の電通の事件が象徴的でしたね。

何もしなくていいんじゃないか、親って。

ただ信じていればいいんじゃないでしょうか。

失敗しようが、成功しようがそんな事どうだっていいじゃないですか。失敗することで気づくことがいっぱいあるしね、失敗しないように過保護に先回りすることが愛情ではないんですよ・・。

むしろガンガン失敗してこいと、でっかく構えていなきゃいかん。

これからはそういう人間になりましょう。貴方もワタシも。

あなたも自分の子どもに対して、似たようなことをしていると感じていたら、是非本人に直接確認してみるべきです。

彼、彼女らは本当はやりたい事や興味のあることがたくさんあるんです。

ですが、親の偏見と古い価値観を押し付けられNOと言えず苦しんでいますよ?

別に学校で学ぶことに囚われる必要もないです。

お金がないから学べないなんて言い訳です。

どんな人からでも学べることはあるし、ネットや本で必要なデータも集められる。

信頼できる人物から教えを受けるのは立派な教育ですよね。

是非早めに気づいて、お子さんの人生を邪魔するのをやめて下さい。

信じて、ただ好きなようにさせてあげて下さい。

信じていれば、案外まっすぐ育つ気がします。ねじ曲がったりしないよ、それが信じるってことではないか。

毒親についても、曲作ろうと思います。どんなきっかけでも良いから気づいてほしいです。

あなた(親)の良かれは、子どもの良かれじゃない。

それじゃまた。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*