オリジナル作曲方法

DAWに頼らず人間の音楽を作り上げる為に今出来る事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

こんばんは。

最近どう?曲作ってる?

ワタシ?

1曲作ったよ(笑)

実のところ最近の心変わりの激しさから、曲作りそのものを根底から見直す羽目になりましてね・・・

と言いますか、見直して良かったかもしれませんね。

結構な絶望感を味わいまして、でもなぜか創作意欲は増しました。

その辺のことを書いてみようかと思います。

DAW取り上げられたらあなた音楽作れるの?

前回の記事以前の記事でDAWによる曲制作の危険について書いたんですがね。

まあ要約すると、

DAWって便利すぎて、才能無い人が100%依存して作曲家を気取れる超堕落環境。

といった内容の記事でした。

このブログでも散々DAWは便利だよとか、誰でも作れるとかお勧めしてきたんです。

確かに。

作れるんですよ、慣れれば誰でも。しかもそこそこ見栄えのいいものを。

上級者になれば、機能を使いこなして刺激的な音楽を作ることも可能です。

でもさあ・・よく考えてみてよ。

いくらDAWを使いこなしていい音楽作れたとしても。

道具ありきの音楽ってやっぱどうなの?って思いませんか?

その道具取っ払って、生身の人間一人だけになって・・

さあ音楽作れって言われたときに、

あなたは何作れるの?

現代の大部分のミュージシャンが何も作れないと思いませんか?

DAWどころか楽器さえも奪われたときに、道具がないと曲が作れない。

あまりにも情けないと思いませんか?

道具がないなら人間には歌声しかない

道具が無くなった時、人間に残された作曲方法って・・

もう声しかないですよね。

道具ありきの音楽制作に絶望して、人間一人何が出来るか見直した時。

声。

これしかなく、でも一番強いもの。

人間の声による歌というもの。

声というモノの、あまりの重要性の高さに気づかされたのです。

考えてみれば、というか考えなくても「歌」って常に音楽の中心にありましたね。

まあ歌のない音楽表現もありますけど、ポップミュージックの世界では歌は重要な要素です。

ペットサウンズの人間音楽の響き

今思い出すのはビーチボーイズなんですよね。

特に「ペットサウンズ」。

オケは生演奏による一発録り。コーラスは、一つのマイクを囲んでメンバーが同時に歌ってハモるんです。

マルチトラック録音ですが、最小限。

極めてライブ感の強い作品ですが、ライブではあり得ない音像。

でも、震えるほど響いてくる美しさがあるんです。

道具は主役にならず、あくまで人間の表現のための補佐に回っている。

これって正しい道具の使い方じゃありませんか?

DAW様にあわせて音楽を作る滑稽さ

現代の音楽の大部分が、こうじゃなくなっている。

DAWに人間が合わせて音楽を作っている。

楽に音楽を作るつもりが、DAWに合わせるのに必死こいてる。

必死こいた挙句、DAWってすげえ。みたいに道具至上主義になっちゃってる。

スポンサードリンク

主従が入れ替わっちゃってる。

DAWに作ってもらってる。

創造力までもDAWに依存し始めてる。

結果、人間の創造力が乏しくなる。

AIの方が良くなる(ディープラーニングが高度になる)

AIが発展すれば、人間は要らなくなる。

AIがDAWを駆使して音楽を作る。

・・なんか先が見えちゃうんだよ。

道具が道具を使って作る音楽。

いずれ人間はそれをかっこいいと思って聴くんだろう。

なんたって、人間の好む音楽は既に学習済みですからね、お手の物。

創造力の乏しい人間がDAW使って生み出す音楽より、人間の好みを反映させつつDAWの機能もフル活用できるAIの音楽の方がはるかに良いでしょうね。

人間の音楽を作るために今出来ることは何か

大丈夫かよ。人間。

ミュージシャン年収アップとか寝言言ってる場合か(笑)

どんだけコード覚えたってAIには敵わんよ?奴らは考えられるすべてのコードパターンを熟知してるんだから。

今から音楽理論覚えたって遅いかもよ。奴らは理論も熟知してるよ、正確に。しかも人間の好みまで織り込んで。

絶望しかねえ。

でもやるしかねえ。

諦めたらそこで試合終了ですよ。って誰かが言ってた。

とりあえず、

DAWで細かく編集なんてやめる=創造的な部分で楽をしない。

DAWの機能を使わないと出来ない表現はやめる=創造的な部分で楽をしない。

バーチャル音源の使用はなるべく避ける=手軽さから脱却する。

感受性を豊かにする=流行りに寄せない=楽して思考停止しない。

頭で考え過ぎない=AI的な考え方をしない。

単純に演奏技術を研ぎ澄ます。手癖でいい、正確じゃなくていい、伝わる演奏。

自分の声に説得力を持たせる=歌の表現力を磨く。

DAWはあくまで録音程度の使い方に留める=ライブで再現可能な表現。

ウーム。

今出来ることはこのくらいしか思い浮かばない。

多分パッと聴きの出来栄えは相当悪くなるだろうね(笑)

だからいいんだろう。

己の表現力が試される時が来たのです。

宅録でしこしこ作るのは楽しかったけど。

こんな時代じゃ、そうも言ってられないよね。

時代の真逆を行くしかないかもしれん。

変にライブに偏り過ぎるのも極論。やっぱ録音作品って好きだしね。

まあ、勝手に色々危惧しているだけなんですけど(笑)

でもやっぱ道具に音楽乗っ取られるのは勘弁だね。

抗うしかあるまい、もがくしかあるまい。

あなたはどうするの?

そんじゃまた。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*