オリジナル作曲方法

【作曲】DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法!その②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

どうも。ゲーテちゃんですけど。

前回から始めました、

題して、「DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法!」

これをやっていくんですが、

ワタシは以前の記事でも、「ワンフレーズ」から曲を発展させる方法などをご紹介してきました。これならコード進行に縛られず、自由に曲作りが出来るであろうと。

これならきっとあなたも大丈夫・・と思っていましたが

でも、

そのワンフレーズさえ思いつかない!

とにかくネタが尽きた!

枯渇状態だ!助けてくれ!

マジすか?

もう曲作るのやめたらいいんじゃないの?

・・・っていうのも何か不義理ですよやはり。一応このブログもあなたのような作曲弱者(笑)のために立ち上げたようなものですからね。ワタシはもっと自由にあなたの好きな音楽を創造してほしいのです。

理論はある程度必要ですが、理論を知っていたからといっていい曲ができるとは限らないんですよね。そもそもあなたの作りたい音楽に理論が必要ないのかもしれませんし。

だからこそ、あなたはあなたが作りたい音楽(音楽のどの部分を好きで聴いているのかを具体的に分析する)を明確にしておくことが重要なんですよね。

これがあれば、表面的な要素が変わっても芯が通っていてぶれないあなただけの音楽が創造できるはずなんです。

とはいっても、

「まだわからんよそんなこと。」

「とにかく曲作りたいよ。」

・・・そんな飢餓ってるあなたの為に一つの方法を示します。

ただ、あくまでこれはワタシのやり方なので、あなたにとって正解とは限りません。でも他人のやり方、発想といったものをあなたなりに作り替え、オリジナルな方法に仕立て上げることは可能ですよね?

鵜呑みにせず、あなたの肚に落とし込めるものだけ利用したらいいんです。

これは物凄く重要なことです。

ワタシが言ってることは、あなたからすれば他人の価値観ですよね?

「自分はそうは思わない。」

「俺ならこうするけどな。」

ワタシが狙うのはむしろそこなんですよね。人のやり方を見て、逆に自分ならこうするっていうのが見えてくる。あなたが人の価値観で動いているときは決してオリジナルには成れない。

だから、あえて人のやり方を知るんです。

前置きが長々としてしまいましたが、あなたが理想とする音楽を作るきっかけになることを祈って始めましょう。

宅録歴25年のゲーテちゃんがお送りします!

「DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法!」

どんな曲調にするか決める

まず、曲調を決めます。

ネタが「ドレミファソラシド」

これを発展させて、一つの曲に仕立て上げるわけです。

どんな感じがいいですかね・・こういう1個のネタから発展させるのはFUNKやHIPHOPの常套手段なんですけど、それじゃあまんまストレートですし、ワタシが教えるというメリットがなくて面白くないです。そもそもいろんなところで言われていることですしね。

ワタシにはワタシなりの「作りたい音楽」というものがありますから、その要素が含まれていることが大切なんです。その要素とは

「バンド的なリズム、ダブルトラックのボーカル、分厚いコーラス」

この3つの要素のうちどれか一つでも含まれていること。

これが、ワタシの作りたい音楽なんです。

何の変哲もない要素でしょう?

でも自分の作りたい音楽を自覚する、しないであなたが作る音楽は変わりますよ?

スポンサードリンク

自分の好きな要素が入っている音楽は、無意識のうちに好きになっているはずなんです。だからその要素が入ってるあなたの音楽を作ればいいんです。

それさえはっきりしていれば、ネタが「ドレミ」だろうが「トイレの水流す音」だろうが関係なく、

あなたの作りたい音楽になるはずです。

というわけで、曲調は・・バラードっぽく仕立て上げましょう。つまりミドルテンポの落ち着いた感じ。

使う音も何となく決める

今回はリズムマシン

今この文章書きながら、思い浮かんだのはプリンス。

ワタシはプリンスが大好きなんですね(笑)

今回はドラムの音色は生っぽくないリズムマシン系を使用しましょう。だからといって別にプリンスの真似事をしろっていうことではないですからね?

着想は人の曲からでもOKなんです。自分のコアがあればぶれないから、絶対に。

上物はシンセ

うーむ。

じゃあ、「ドレミ」を鳴らす音源もシンセにしようかと思います。多分ワタシが作っていくと今のEDMみたいにはならないでしょうがね。

なんか、漂う感じの・・「ドレミ」がリフのように揺蕩うイメージで作ろうかと思います。

ちょっと余談。音楽シーンについて

さっきのEDMの話ですが・・・

別に気にすることないです、今のシーンに合ってなくたって。別のシーン作ってそっちを盛り上げませんか?今目の前で流行っているシーンに入らなければ音楽活動できないわけじゃあるまいし。

そっちはそっちで頑張って!こっちはこっちで盛り上げていくから。

その方が健全な創造活動が出来るってもんです。

一切の付き合いを絶つってことじゃなくて、共存はするけどみんな違ってみんな良いって状態。個性バラバラだけど、個々人が足りないものは別の人が補う、みたいなシーンがいいんですよね。

今のシーンって、結局ピラミッド構造ですからね。

やたら売れてる人が少しいて、それの追従者がそこそこ、あんまり売れずくすぶっているのが大半。この構造だと少しでも売れる為に、TOPの人たちのような音楽性にみんな寄っていくじゃないですか?

ぐちゃぐちゃでも自然界のようにうまく共存できないもんかね。色んな音楽性があった方が楽しいんですがね。

余談の方が長い(笑)

日本の音楽シーン。なんか別のシーン作りたいよね。でもシーンって個人で作りだすもんじゃなくない?自然発生的なもんだよね、普通。

今回作る音楽のざっくりしたイメージ

★ミドルテンポのバラード

★リズムマシン(プリンスのイメージ)

★シンセ主体の音作り

こんな感じで制作していきましょうか。

「ドレミファソラシド」をこのイメージで発展させ、ワタシの作りたい音楽に落とし込む。

これで十分オリジナルな曲を作ることが出来るはず。

おそらく不定期更新になりますが、やっていきましょう。

それでは次回まで。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*