オリジナル作曲方法

【作曲】DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法!その⑥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

オッス、オラゲーテちゃん。

今回も、DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法!

と題しまして、お送り致します。

6回目となる今回は、前回に引き続き歌を入れていきます。前回まではこちらからどうぞ。

★DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法! その①

★DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法! その②

★DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法! その③

★DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法! その④

★DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法! その⑤

前回はAメロ部分の歌入れでしたね。

5分で作った歌詞。20分くらい鼻歌歌って、メロディを炙り出し、それを録音。

テキトーと思われるかもしれませんが、最近はあまり頑張りすぎてもいいものは出来ないと思ってますのでサッサと赴くまま録っていきます。

あなたも気張りすぎないようにね。

では、今回も無料DAW Studio One 3 Primeを使用して作業していきましょう。

サビを作っていく

鼻歌歌いつつ、歌詞を作る

というわけで、Aメロの時と同様に鼻歌を歌いつつ歌詞も考えていきます。

またもや、15分位鼻歌でメロディを炙り出した後、何となく思いついた歌詞をそのまま採用します(笑)

ある日きみに とても似てるひとが 目の前を 通り過ぎていく

溶けた氷 光る滴 たぶん 似てるだけでそれらは 似合わないでいる

きみには それが・・

やっぱ意味わかんね(笑)

でもなんか意味ありげでしょ?こういう歌詞で勘違いする人居るのかもね。

「泣ける」

とか言って(笑)でも100%意味不明です。深読みするのはどうぞご自由に。でも作者本人が断言します。

この歌詞は無意味です(笑)

歌を録ります

さて、歌詞とメロが固まったので録音していきましょう。サビは地声の部分が主メロなので、地声2回とハモリ1回、地声のオクターブ上の裏声1回。計4トラック構成です。

そして録り終えたのがこちら。

まあまあですかね。

サビっぽいちゃあサビっぽいでしょ。でもなんかシンセ1個抜いてるから微妙に寂しいですよね・・

というわけで、もう少し演奏を厚くしたいという意味も込めまして、鍵盤を加えましょう。

鍵盤を足してみる

インストゥルメントの中を探っていると、Bandoneonという音源を発見しましたのでそれを使います。

また例によってピアノロール画面を開き、この音色に合ったフレーズをコチャコチャと考え上げ下げして整えていきます。アコーディオンみたいな音なので、なんか演奏者が目つぶって酔いしれて弾いているイメージです。

っていってもかなり単純なフレーズだけどね。

階段上に積み上げた音符。ここでもドレミ的な発想のフレーズ。

さあそれを加えたサビを聴いてもらいましょうか?

スポンサードリンク

何となくモノ哀しい雰囲気の歌詞(雰囲気だけね)に合った音色で、音も厚くなったし良いんじゃないすか?

さっき言ったように、鍵盤弾けなくてもピアノロール画面でいじくればそこそこのフレーズ作れちゃうんですよ。技巧的なこともやろうと思えばできるんです。この曲のは正直手でも弾けるけど(笑)

だからMIDI鍵盤もってないよーってひとでも制作に何の支障もないですよね。

むしろ一生懸命手で弾こうとする方が時間かかって嫌になっちゃうかもしれないし。

あなたに鍵盤弾ける仲間がいるのなら、任せてしまうのもありじゃないですか?イメージだけ伝えてね。

バンドで練習するためのデモテープづくりにも効果絶大かと思います。イメージだけこんな感じで弾いてほしいなー、ていうのが分かればメンバーも世界観が共有しやすいですからね。

まあ、ほぼこれで完成しました。

あとは、多少音を整えて完成ということにしますかね。

この曲を完成させる仲間を求む

他に音足さないのか?という声が聞こえてきそうですが、別に良くないすかこれで?

もっと展開作るなら、あれこれ足せますけど。

ワタシはこれで良いと思います。デモテープっぽいのが魅力です(笑)なんかあとちょっと頑張れば名曲になりそうなのに・・とか言われるとヒヒヒ・・ってなりますね。

完璧な変態です(笑)

要は未完成な部分は残したい、ひょっとしたらいずれワタシと活動を共にする仲間がもっといい演奏を乗せてくれるかもしれないじゃないですか?それを期待しますよ。

この曲聴いて、オレこの曲に貢献できるかも、もっとよくできるよ私なら!

っと思ったあなたは、コメントください(笑)

ワタシの出来ないことをやってくれるひとが仲間になれば、良い音楽ができそうですね。別にワタシの曲を売り込むってわけじゃなくて、色んな才能が関わって1つの音楽が生まれるならそれでいいんじゃないですか?

今の音楽業界って、結局ピラミッド構造ですよね。

一番上がレコード会社でその下がアーティスト、それに関わる人たちはさらにその下について仕事し、報酬をもらう。末端であればあるほど安く働くわけですから。

でも、餅は餅屋って言葉がありますよね。

各々得意分野が違うわけです。ならば、苦手な部分は専門家に助けを求めつつ、全体で作り上げる音楽。

今と同じじゃないか・・と思います?

でも個人個人は下につくことなく、全員対等ですからね。きれいごとに聴こえますかね・・

でもその方がより面白いものが出来そうなんですよね。やっぱお金が絡むとおかしくなっちゃうんだよな。お金なんてそのものにはなんの価値もないのに・・

実現させるべきでしょうね。

お金って何なんでしょうね。これのせいでみんな振り回されてるんですから。この画像はビットコインだけど(笑)

今は見えてこないだけで、お金のうまい回し方もいずれ分かってくるはず。そうしたら、ピラミッド構造の早い者勝ちの世界じゃない純粋に活気ある経済が回せるんじゃないかと思ってます。

まあ壮大すぎますか?

じゃあ、次回で完結。完成曲お披露目です。(もうだいぶ細切れに聞かせてるからありがたみはないけど(笑))

それではまた!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*