オリジナル作曲方法

【作曲】DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法!最終回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

お疲れ様です。ゲーテちゃんです。

今回はいよいよ最終回です。

DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法!シリーズ

前回まではこちらから。

★DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法! その①

★DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法! その②

★DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法! その③

★DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法! その④

★DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法! その⑤

★DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法! その⑥

7回目にてようやく最終回を迎えましたね。最初は正直どうなることかと思いましたが、やっぱできますよ、やれば(笑)

ドレミファソラシドなんてネタになるわけないと思ったそこのあなた。

大丈夫なんです。どんなものからでも曲は生み出すことが出来るんです。

あなたは音楽のどの部分に反応しますか?どの部分が好きで聴いてますか?

それさえ分かれば、おそらく無限に生み出せますよ。

完成した曲披露

というわけで、前回作った曲をミキシングしました。

といっても大したことしてません。少し音を整えただけです。リバーブかけて、真空管のシミュレートプラグインを挿してまろやかにしたぐらいです。

無料DAWですから、付属のEQもCOMPも必要最低限のモノしかありません。

こうやって、初めて曲を完成させてからようやく、付属以外のプラグインの必要性を感じることができますね。そして、こんな効果のエフェクトが欲しい・・という目的がはっきりした時買い足せばいいのです。

それまでは、全くもって要りません。

変なところにお金使うくらいだったら、日々の食事にお金を回し、少しでも健康を維持しましょうよ。

野菜も最近高いしね、健康にはお金もかかりますよ。

でも、毎日カップラーメンじゃあ、創造作業は長く続けられませんよ。消耗しますから。

またしても余談が長くなりそうなので、さっさと完成曲のお披露目をしましょう。

あなたらしい音楽をつくるためには?

まあなんて地味な曲(笑)

でも出来ましたね!ドレミから発展させて1曲完成しましたよ?

ワタシの創造力しだいだろって?

そうですよ、創造力次第なんです。だからあなたが作ればまた別物が出来るでしょうね。

ワタシはこのブログ記事を書きながら、片手間に考えて作りました。DAWの助けも借りてね。

ただ、その創造力がどこから出力されるかによって大きく変わるはずです。

例えば、今回のワタシの曲はワタシの創造力によって生まれたものですが、これはワタシの中のある基準を元に組み立てたものです。

★ワタシの基準 = バンド的なリズム + ダブルのボーカル + 分厚いコーラス

この3つの基準のうち、必ずどれか1つが含まれていることを意識しています。1つ1つを見ると正直珍しいものはなく、誰でもやってることばかりですよね?

でもワタシが音楽を聴くうえで、良いなとか、かっこいいなとか思うモノって大体この3つのどれかが含まれています。

勿論全く含まれていないものをいいと思うこともありますが、それを取り入れたところで本当に表層部分を撫でただけの薄っぺらい引用にしかならないのです。

何故なら、自分の基準=自分の作りたい音楽だからです。

今回、最初のイメージとしてプリンスのゆったりした曲の雰囲気を思い浮かべました。ミディアムテンポのバラード・・・

スポンサードリンク

でも結果、それらしい部分はドラムマシンと裏声くらいですね、雰囲気的に残ったのは。

そもそも、プリンスは大好きですがワタシの作りたい音楽の基準には当てはまらないんですよね。だから取り入れようとしても無理なんです。ただのモノマネになっちゃうんです。

発想の元としてイメージは頂戴しましたが、あくまで自分の基準でまとめ上げたのです。

餅は餅屋

ワタシはこれでやっていくよ?と力強く宣言しましょう。

全方向に力を分散せず、たった1つの方向に全力を出力すれば、凄まじい勢いでパワーが生まれる。最近学んだことですが、よく考えたら以前から無意識にこうしてたよなあ・・と思いますね。

だって自分の好きなようにしか作ってないからね(笑)

ただ、自分に合っていないものを取り入れようとしていた時もありました。それはそれで面白いモノも出来ましたがやっぱり自分の作りたいものとは違うんですよね。

それより突き詰めた方が、ヤバいくらい研ぎ澄まされるというか・・結果だれでもやってるようなことが、誰にもまねできないものに生まれ変わっているんです。

多分、あなたがワタシのような曲を作れって言われても、モノマネにしかならないはずです。

だから、あなたはあなたの基準が必要なんですよね。

基準とかいうと堅苦しい表現ですけど、

あなたが音楽のどの部分に魅力を感じているのか。

これが分かればいいんですよね・・

これさえ分かっていれば、作る音楽に迷いなんてなくなると思いませんか?

それさえ入っていれば十分自分の音楽になるじゃないですか?

あなたが感じる音楽の魅力を、あなたの楽曲にぶち込むだけです。

やっていることは、他の人と変わらないはずなのに段違いに魅力あるミュージシャンがいっぱい居ますよね?それは彼や彼女らが、各々が感じている「音楽の魅力」を思いっきり注入しているからだと思います。

単純に音楽理論に長けているからとか、演奏技術が卓越しているからとか・・

そんな事じゃないんですよ、・・多分(笑)

才能の活かし方。

この考え方は、才道家(さどうか)として活動されている豊臣晃市さんという方の教えに触れて気づいたものです。彼は企業の経営者向けのコンサルティングをしている方で、それぞれの才能を生かしたビジネスモデルを作ってきたそうです。

才能の誤解や、才能の活かし方といったことを目からウロコの視点で解説しているメルマガを読んで、なるほどそうかと(笑)しきりに頷きながら動画やメール講座を見ていました。

 

才能の誤解を解き、自分らしい才能の見つけ方、活かし方を淡々と説明していく内容です。

もしあなたが自分の生き方に違和感とか戸惑い、才能って何だっけ?みたいに思われるのならメルマガ登録して読んでみる価値ありです。無料だし(笑)

 

内容を判断するのはあくまであなた次第ですが・・

一応リンク張っておきます、興味のある方だけどうぞ。

【The MAP】無料講座 【才能】の見つけ方と活かし方

ワタシにはこの講座で気づけたことがたくさんあるんです。だから、あなたにもご紹介したまでです。

つーわけで、

DTM初心者でもドレミをネタに1曲完成させる方法!シリーズ完結です!

長々とありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*