宅録

【DTM】作りたい曲で要る機材、要らない機材が分かる!偏見は捨てろ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

ども。ゲーテちゃんカミン。

あなたの使ってる機材って高いですか?

ワタシのはどちらかっていうと安価なものばかりです。いわゆるエントリーモデルばかり・・あっ、CUBASEとWavesはそこそこいいやつだ(笑)あとギターもそこそこ。Jazzmaster当然日本製ね(笑)10万しないよ。

高いものは当然ながら高い分の価値はあります。

がしかし。安くても機能制限あっても大丈夫。

自分がどんな曲を作りたいか。これで要らない機材、要る機材をふるいにかけましょう。

作曲に使う楽器を選ぶ

あなたが作りたい音楽ってどんなん?明確に答えられる人っているのかしら。

じゃあ具体的にワタシが今から全ての機材を一から手に入れるとして、一緒に考えましょう。

ワタシの作りたい音楽とは・・・

「バント的なリズムにギターとベース、鍵盤。分厚いコーラスに乗っかるダブルトラックの歌」

ここまで明確だと、必要な楽器はすぐ判明します。(ていうか曲つくるのに楽器持ってない人いないよね・・)

①ギター

エレキは欲しいね(笑)当然。ワタシのは市場価格で7万前後。無理ならもう1ランク落として4万円位のか。さすがにその下はあんまお勧めしない。練習にはいいだろうけど。経験上高い分だけ良くなるんです、楽器って。

アコギは、宅録は厳しいよな・・騒音問題がありますから。ワタシはアコギが大好きなんですが、若いころアパートで夜アコギひいてたら下の階のオッサンに激しく怒られました。すまんオッサン。まあ、リハスタなんかで録るならいいか。ワタシのは2万前後の安物だけど使えなくはない。あんまりしっとりした曲には向いてないね、音がペラペラだから。ワタシは色んな音がなる中の隠し味のように使ってますけどね。

②ベース

ワタシの所有してるのはフェンダーの最廉価モデルジャズべです。20歳のころに買ってそのまま使い続けてます。しかも弦は買った当時そのまま(笑)もう19年そのまま。さすがに音伸びない。変えようかなそろそろ(笑)まあもう1個ランク上の方がいいと思います。さすがに。これも音は価格に比例します。

③鍵盤

ワタシは特に鍵盤の素養はありません。だからいつも手探りで音を重ねます。ワタシが所有しているのはKORGのMicro Korg ってやつ。安いのにいい音なんだよね。チープなシンセリードとかに使います。あと、88鍵のM-AUDIOのMIDIキーボード。これ使ってソフトシンセ弾く。(弾けてるような気もちになる)

④リズムマシン

これは今はソフトシンセの方がいいんでしょうな。ワタシは10年以上BOSSのDR-660を使用していました。クリックに合わせず演奏聴きながら指ドラムで叩いて無理やり合わせてました。だからズレまくり。今はボカロp御用達のAddictive Drumsです。やっば自分で叩いた方が自然になるから、MIDIパッド買って叩いてます。そしてズレ過ぎたところをあとで修正する地味な作業をやります。

スポンサードリンク

⑤マイク

これは重要。だけどあんまり高価なものは必要ないよ。ワタシの使ってるのはaudio-technicaの15,000円のコンデンサーマイクで、ローカット機能付きです。宅録はとにかく雑音が入り込むので、あんまり繊細に音拾うマイクは使いづらいですよハッキリ言って。ダイナミックマイクでもいいと思いますが、ある程度声張らないといい音で録れないからな。声張らない歌い方ならやっぱ安いコンデンサーがいい。

 

どうすか?作る音楽がはっきりしてると必要なものもはっきりするでしょ?あとは必要に応じて買い足すんです。知ってるって?(笑)

でも初心者って何そろえていいかもわかんないんでしょ?正直自分で調べるべきなんです。人の意見に流されていてはオリジナルにはたどり着けないぜ?

録音するもの

①DAW

PC持ってる前提になるけど、今ならDAW一択なんでしょう。まだMTR派の人もいるんかな。演奏うまい人はMTRでもいいけど、優秀なソフトシンセが使えんから必要な機材が増えるので、やっぱDAWの方がコスパに優れるね。

ワタシはCUBASE使ってるけどStudio one 3 primeってフリーソフトはマジお勧め。前回の記事にも書いたから見てみて。他のものも使ったことあるけど個人的にはこの2つとの相性が良かった。

でもどれでもほぼ同じことができます。ワタシがCUBASE選んだ理由なんて石野卓球が使ってるって聞いたから(笑)そんだけ。とにかくワタシの作っているような音楽ならどのDAWでも過不足なく使用出来るはず。

DAWのメリットは、やっぱり豊富なプラグイン、ソフトシンセ群。個々に楽器を買い足す費用の何分の一かで買い揃えられるんだから。あとボカロやりたい人ならCUBASEが有利です。

②オーディオインターフェイス

これは重要な音の入り口。使ってるDAWとの親和性も考えるならメーカーを揃えたらいいです。細々とした設定がUSBでつなぐだけで済んでしまうこともあるし。ワタシはCUBASEなので、SteinbergのUR44を使ってます。音もいいですよ、特に不満ないです。これはDTMではマストアイテムなので、絶対必要。

DTM(宅録)必要機材のまとめ

作りたい音楽をなるべく明確にする(必要な機材の視える化)

楽器は中間グレードが狙い目(モノによっては廉価版でも可)

DAWを選ぶ方がコスパに優れる。(フリーでも良いものがある)

この3点を基準に置けば、自分で調べられるでしょ?でもあんまり人の意見鵜呑みにしないで、自分で多角的に考えた方が面白い結論に達するかもね。

独創的な人って基準から独創的だったりするんだよね。有名な言葉で

「常識とは18歳までに身につけた偏見」

みたいなのあるでしょ?

囚われるな、考えるな、感じろ。

次回も乞うご期待。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*