宅録

DTMの罠?プラグイン収集家になるな!本当に必要なのは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

ども。ゲーテちゃんです。

ああ・・あのプラグインさえあれば俺のいまいちなこの曲。

絶対名曲に化けるのになー

こんな風に思ったことありませんか?多分DTM始めたばかりの人なら一度はあるんじゃないかな。多分ね。

最近のプラグインは確かに凄いんです。でもね

今ってマジですごいですよね。プラグイン。特にワタシのような懐古趣味の人間には垂涎モノが次から次へとリリースされていきます。マジで。見るたびに購買意欲がそそられて困るんです。特にアビーロードスタジオの機材をシミュレートしたものなんかコレクター心をくすぐられてねえ・・・ビートルズも普通に好きだしねえ・・

好きなんだよな、ビンテージ機材。やっぱ、昔憧れたミュージシャンの使用してた機材を忠実に再現したもの。Led Zeppelin が使用してたテープマシンとか、ビートルズが使ってたコンプとか。なんかすごいじゃん、ほしくなるじゃん。すごい先達と環境合わせたくなるじゃん。

・・実際ワタシも買いましたし。Pultec EQP-1のプラグイン。あの実機の水色に憧れたんです。プラグインなら1万ちょっとで買えるんですもん。60年代風のダンゴミックスには、当時もんの機材のシミュレーションが合うんじゃないかと考えて購入したんです。Nomad Factoryのヤツです。

で、実際使うとまあ良いんですよ。実機を完全再現できてるわけじゃないんでしょうけど、DAW付属のプラグインとはまた振る舞いが違うと言いますか。音がいい意味で汚れてくれるんです。音が立つんです。

なので、次はWAVESの買うか、UADのにするか・・どんどん欲しいものが増えてくるんですよ。

でも、チョット待ちなさい。

あなたの仕事は何?コレクター?エンジニア?懐古趣味男?

違うでしょ、あなたの仕事はミュージシャンでしょ?

プラグイン選びに金と時間をかけている暇があるなら、少しでも曲作りに時間をあてようぜ。

過去の名盤、名曲を聴きなおせばわかりますがその音楽にハマった理由は、あの機材を使っているから・・・では断じてないはずです。

その曲がいい曲だったから。

スポンサードリンク

これに尽きるはず。勿論プロの仕事として、効果的な機材を適時使用して最大限楽曲の良さを高めてはいます。でも、カセットテープで録音された楽曲に魅力がないか?・・・そんなことないですよね?

宅録を活動の主軸に置いているミュージシャンならば、デモテープが持つ魅力にも気づいてるはずですよね。

デモテープの魅力の例として書いた記事があるので暇なら見てみて)

むしろ世の中に発表された名曲たちの中には、デモテープのヴァージョンのままのほうが良かったのになあ・・・なんて思ってしまうモノもあるんですよね。

そうなってくるとプラグインにこだわることがさほど重要とは思えません

買い足すの5個位でよくない?

まあそれでも、やっぱ社外製のプラグイン。高いだけあって明らかに、DAW付属のものとは違います。もしもどうしても購買意欲を抑えきれないのなら、おすすめなのがありますよ。

WAVESのGOLDバンドル。

これいいですよ。ワタシもセールの時買いました。っていうか常に何かしらセールしてますから安くなってたら買ってみたらいいです。大体2万~3万前後のお値段で推移しているはず。

特にビンテージシミュレート系が豊富ってわけじゃないんですけどね、基本的なEQ, COMP,若しくは空間系のエフェクター、みんな大好き音圧上げ系。過不足なく詰まってます。

正直これでいいでしょ?40個位入ってるし満足でしょ?(数の問題かよ・・)

もう十分な位いい働きしてくれるんです。だからもう迷うことなく曲を作るだけです。むしろこれで足りないなんて、本職のエンジニアかコレクターか・・ってくらいですよ。

あなたに必要なのは、曲を作り続ける継続行動。

たくさんのプラグインではありません。

ワタシも欲しいプラグインはたくさんありますよ。でもそれは、まだ先でいいじゃないですか。

作り続けた先に本当に必要なプラグインが見えてくるはず。

その時こそ、投資しましょう。

それではまた。

乞うご期待!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*