オリジナル作曲方法

【DTM】作曲にコード進行は不要?フレーズを繋いで曲にする!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

どすこい!関取とは程遠い男、ゲーテちゃんどす。

ところで、

みなさん。コードって知ってます?

あの作曲に使うコードです。AmだのBmだのCM7とかのあれです(笑)

別に馬鹿にはしてないです。ワタシもギター初心者だったときは、一生懸命にコード覚えて見様見真似で作曲に励んだものです。特に曲作ろうとしてる人なら基本的なコードは頭に入ってるんでしょうね。

でもなんかいい曲できないんでしょ?似たようなのしかできないんでしょ?

そういう時は、いったんコードの呪縛から解き放たれるしかないんです。自らね。その凝り固まった固定観念をすてなければいけないんです。

というわけでまたしても、自前の曲をサンプルに解説していきたいと思います。

それではいきましょう。

ゲーテちゃんの曲作りメソッド!

サンプル曲の紹介

まずここでサンプル曲を紹介します。この前の記事で歌詞のことを話題にしましたが、その時使った曲を今回も使います。

ハワイの花火 2009年制作

この曲をサンプルとして考えていきましょう。

①ベースのフレーズから作る

最初は曲の大枠は特に決めてませんでした。リズムマシンを垂れ流しにして、そのリズムに合わせてひたすらベース弾いてたんです。そしたら0:00~0:15位までのイントロのフレーズが思い浮かんだんです。なので、そのベースのラインに合わせるようにドラムを重ね、ギターを重ね、オルガンを重ねたのがイントロです。

この時コードのことは全く考えてませんでしたね。いいフレーズが出来たしイントロっぽいなという発想のもとアレンジしていったんです。合う音を重ねるって感じで。イントロだから徐々に音が厚くなっていく。そしてAメロになだれ込むってイメージが膨らんでいったんですね。

②イントロからつながるようなフレーズを作る

0:15~0:30くらいまでがAメロです。

この時点でもコードは無視です。イントロのベースフレーズからつながって心地いいフレーズをただひたすら弾きながら探してこのAメロのループにたどり着いたわけです。ギターリフもベースに合ったフレーズをこれまた繰り返し弾きながら探していきます。なのでコード弾きのギターがここにはいませんよね?

スポンサードリンク

フレーズ同士が絡み合うように、気持ちよく聞こえるようなフレーズを繰り返し弾いて見つけていくんです。結果そんなに演奏が薄く聴こえないですよね、和音の感じもあるでしょ?

コードをジャーンとやって隙間を埋めるだけが芸じゃないってことです。

③緩急を付けるためニュアンスを変える

イントロからAメロまでそのままの勢いできたから、ここらでテンポ変えちゃおうと考えます。

0:30~0:45までがBメロですね。急にゆっくりです。この部分はAメロのギターリフから発想して、階段を上がったり、下りたりするイメージのフレーズが浮かびました。上がったり下りたりして最終的にサビに向かって全力で駆け上がって最終段で一呼吸・・のイメージ。Bメロの役割を見事果たせたと思います(笑)

この時点でも、コードは無視です。

④サビは爆発。でもコードは弾かずフレーズで和音感を出す。

0:45~1:16位までがサビです。

ループして気持ちイイベースラインを考えて、その上を短くループするギターフレーズを作りました。細かいフレーズで尚且つハモってます。さらにベースとの絡みでしっかりとした和音感が出てると思います。

1:09~1:16までのベースラインが出たときは我ながら良いね~って思いましたね(笑)

結論 コード要らなかった

結局、ここまでずっとこの方法で押し切ってます。つまりコードの繋がりで組み立てたわけではなく、最初に思いついたベースのフレーズから発想を重ねて、繰り返し弾くことによって肉付けしていったんです。

思いつくまで、リズムに合わせ繰り返し弾く。思うままに弾く。

ただこれだけです。つまり、

作曲とはコード進行から作る。というのは偏見である。

でしょ?コード進行って固定観念を外さないといかんのです。

理論的に言えば、この曲はちゃんとコード進行ありますよ。でも作るときは考えてなかった。コード進行から作ってたらこんな曲になってなかったはずだもんね。

捨てるべきは常識という名の偏見です。

モノづくりは偏見を捨てなきゃね難しいけど。なかなかできないですよ、そりゃ。

でも繰り返しやっていくうちに見えてくるんです。やはり継続こそ力なり。そしたらこんな曲ぐらい、貴方にもすぐ作れるようになりますよ?

お試しあれ。

次回はこの曲の続きの部分、歌メロや歌詞にも触れていきましょう。

乞うご期待。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*