宅録

永ちゃんの名言「やる奴はやる」であなたはやる奴になれるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

ハイ。ゲーテちゃんです。

あなたたち曲作ってますか?

ワタシ?

全然作っておりません(笑)

別にやる気ないわけじゃないよ、ただ作ってないだけ。・・言い訳にしか聞こえんが。

まあ好きにやればよろしい。無理やりやる必要なんてないのだから。

とはいうけども・・

宅録を趣味にしているとか、音楽が生きがいだとか、そういう人にとってやる気にムラがあると大変ですよね。

家族が家を空けるタイミングで、1日自由に使える。

こんな絶好のチャンスに肝心のやる気が起きないなんてこと、結構ありますね。

家に一人。これは宅録家にとってチャンス。一人暮らしの人間には決して分からないでしょうね?

家族持ちの人間が、音楽をやる、ましてや宅録。

もし家族の理解を得られていないのならハードル高いぜ、マジで。

じゃあ諦めるのか?

簡単に諦められるんなら苦労しないっての。

それじゃあこのチャンスを無駄にせず、モノに出来るか?

よりよい作品を残す為に・・

考えていきましょう。

家族持ち宅録家の問題?

問題あってもなくてもやらない

家族持ち宅録家が音楽をクリエイトするうえで一番の障壁は何でしょう?

家族?

お金?

機材?

ウーム。どれが1番の問題かな。

なんて・・

人のせいにするんじゃねえよ。

永ちゃんもかつて言っておりましたが、

「いつの時代もやる奴はやる、やらない奴はやらない」

「どんなにフォローしても、ケアしてもやらない奴はやらない」

すっげえ当たり前なんだけど、超名言ですよ。

つまり、どんなに宅録出来る環境が整っていても、やらない奴はやらない。

どんな素晴らしい機材がそろっていても、やらない奴はやらない。

家族が気を使ってくれて、家を空けてくれても、やらない奴はやらない。

お金を持っていても・・・もういいや(笑)

これは的を射ている。

永ちゃんって凄いね。この発言の時まだ30そこそこですからね。まだまだ若造だったころですよ。

永ちゃんの昔の映像見ていると、この種の発言がポンポン出てきます。

しかもこの発言通り、行動してきたのです。

同じ音楽を作る立場として尊敬せざるを得ませんね。彼の場合、それを究極の形で遂行してしっかり成功まで収めているんですから。

こんなどこの馬の骨とも分からん人間のブログ読んでる暇あるんなら、

永ちゃんの言葉を踏まえて、さっさとやればいいんです(笑)

要は問題あろうがなかろうがやらない奴はいつまで経ってもやらない。

だから問題を解決しても、やらない(笑)

だから問題抱えたままでやれよ。

問題が家族だったとしても。音楽に対して理解があってもなくても。

ただあなたがやればいいだけ。

スポンサードリンク

姿勢で分かる行動パターン

漫画読む、スマホで遊ぶ、意味なく出かける・・

今やらなくてもいいことをしてしまう。時間があるときに限って余計なことに手を出してしまう。

そのくせ時間がない時に限って、宅録がしたくてたまらなくなる。

こういうことありませんか?

これって音楽とか美術の分野に関わる人にありがちな行動の傾向なんですよね。

そういう人って大体、肩が前に出ていて、頭が前に突き出ている。前屈姿勢。猫背ですよね。要するに。

姿勢が悪い人ってイメージ。

ワタシもそんな姿勢です。

この姿勢の人達って、空想とか妄想が強くって、自分の世界で生きてるんです。

それが悪いってわけではなく、音楽や美術のような、表現する場があれば、そのエネルギーをうまく発散出来るんですよね。

だからワタシのような人間には宅録はうってつけ(笑)

でも、そういう表現の場を持っていない人たち。

発散がうまくできず、余計なことに手を出したり、肝心な時にちぐはぐな行動をとっていたりしまう。どうでもいいことにやたらこだわったりね。

ワタシも仕事中そんな感じに陥ることがあります。

明らかにこだわらない方が仕事の効率は上がるであろうことに何故かこだわる・・とか(笑)

要点だけまとめればいいことを、言い回しやデザインに気が行ってしまう・・とかね(笑)

しかもそこに結構な時間費やしてしまって、残りをハイスピードで片付ける羽目になるなんて。

身に覚えのある人居ませんか。

結局、仕事が表現の場になっていないからそういうことになっちゃうんですよ、多分(笑)

休日。

家族が家を空けてくれた。

大半の時間を、YouTube見て過ごし、夕方になってようやくやり始め、やる気が出始めて乗ってきたところで家族が帰ってくる。思ったより作業が進まなかった。

・・さて

この問題、家族関係ある?

・・ないね。

やるべき時にやることをやるしかないんです。

余計なことしそうになるところを、グッとこらえ、本来何がしたかったのか。

思い出しましょう。

結論としては

家族持ち宅録家の問題。

結局あなた自身でした。

別に家族がいようが、居まいがそんな事何も関係ありませんでした。

永ちゃんが言うように

「やる奴はやるし、やらない奴はやらない」

そして

「やるべき時にやる」

これだけなんです。

肝心な時にやる気が出ない。確かによくあることですが、それを他のせいにしても解決しないんですよね。

ワタシも余計なことに気が散ってしまいがちなので、その気持ちはよくわかります(笑)

今そのタイミングで漫画読まなくたっていいんじゃない?

今スマホでゲームする必要あるか?

せっかく家族があなたの音楽に対してフォローしてくれているのに、その心意気を無駄にしてはいけない。

最高の作品を作り上げましょう。

ありがとう、30歳前後の永ちゃん。最高の教訓です。

それではまた。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*