オリジナル作曲方法

【DTM】これで音楽年収1.2倍UPか?オリジナル曲作りメソッド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

あなたはミュージシャンですか?

ミュージシャンなら、オリジナル曲を作っていますか?

そのオリジナル曲はいい曲ですか?

売れそうですか?

どうも、宅録歴25年のゲーテちゃんです。

誰?

そうなんです。このブログを始めるにあたって皆さんに自己紹介をするべきですよね。どこの誰かもワカランヤツの駄文など誰も読まんでしょうからね・・・

取り敢えずワタシが何者であるかを、身振り手振り(比喩)で説明致しますのでどうか見捨てないで最後までお付き合いください。

宅録家ゲーテちゃんとは

だから誰やねん(笑)

そう誰も知らんのですよね、こんな人。髪爆発してて、目が赤く光っている人物がワタシです。ご察しの通り、普段から目は光っておりません(笑)

しかし、宅録歴25年は事実です。

ひたすら自らを満足させるべく楽曲制作に明け暮れる毎日。

録音というものに魅せられて、金にならん事をひたすら続ける日々。

当然誰も理解はしてくれませんでしたね。よく周りからはこんな事言われました。

”何でそんなに(無駄に)作ってるの?デビューしたいの?”

何で?・・・作りたいから。

デビュー?・・・興味ねえし。←ホントか?

要は、メジャーデビュー(メディア露出)には興味なし、(チヤホヤとかすんな、むしろほっとけ)

唯々自分の理想とする曲が出来るまでひたすらに作り続ける。

 

ゲーテちゃんとはそんな人物です(笑)

 

つまりなんか理解し難い感じの人、という解釈でOK。そんな露出嫌いのワタシがなぜこんなブログを始めるに至ったのか。次はその経緯をお話します。(まだ飽きてない?大丈夫?)

もう人生残り少ないな

中学生のころから始めて、社会人となり結婚して子供ができても作り続けた音楽。それでもなお100%満足するものは生み出せていない。にも拘らず、歳をとり少しづつ情熱が薄まり、体から抜けていくような感覚がある。

もう40だし、いいとこ生きてもあと20数年・・・あと何曲生み出せるか、果たして名曲は生み出せるのか?残された時間が思いのほか少ない事に軽い目まいがしました・・・

それにずっと鎖国的に培ってきた自らの技術も消えてしまうのだな・・・

それは自らの25年をも土に返すことと同義でした。

じゃあ人に伝えようか

今まではすべて自分のためにやってきた曲作りでした。

その生み落とされた無数の楽曲たちが、自分が居なくなったあとも生き続けるためにはどうすればいいのか?

どこかの配信サイトに登録して、売る?

youtubeに動画アップする?

今更CDRに焼いて手売りする?

スポンサードリンク

ありっちゃありだけども、何か違うな・・・

それじゃいまいちこの25年が、曲たちが、生かされている気がしないんだよな。

そんで、ハッと思い立ったのです。

 

もう自分だけ満足するのはやめよう。

この曲たちを使って曲の作り方教えよう!

偉そうに・・・(笑)

でもこれなら誰かの役に立つなと思ったのです。我ながらいいこと思いついたぜ・・? そうだろ・・?

あなたの手札になりたい

これから、自分の曲たちを駆使して

「ゲーテちゃんオリジナル曲作りメソッド」

を、あなたにお伝えしていきます。

要は、曲作りの具体的手法を惜しげもなくさらしていきます。

デビューもしてない

売れたこともない

そもそもこの人誰なの?

そんな人の作曲メソッドなんて役に立たねえよ!

そうでもないよ?

あなたが今どんな状況に置かれているか、ワタシには知る由も有りませんが長く活動を続けていけば、必ず訪れる時期があります。それは・・・

「スランプ」

今は調子よく作り続けているかも知れないね・・そんな時でも頭悩ます瞬間は、少なくないはず。

もしくは藁にも縋る思いでアイデア探しに奔走してる・・じゃあ、これ見てってよ?

「ゲーテちゃんオリジナル曲作りメソッド」

あなたの数ある手札の一枚。なれる自信はあるよ。役に立てるよ、きっと。だって25年もやってきたんだぜ?継続は力なりっていうでしょ?

あなたのミュージシャン年収アップ(僅かでも)

の一助になれれば光栄です。

じゃあどんな曲作ってきたの?

ワタシの生きた証をこれから少しづつ、刻んでいきます。まずはこれを聴いてください。

これはワタシの名刺のような曲です。(見せたことほぼ無い名刺・・)

 

 

「それは僕ぢゃないらしいよ」2009年頃制作

某宅録系雑誌のデモテープコンテストにて特別賞貰いました(笑)

輝かしい実績もあるんですよ。←自嘲  

それでzoomの16trHDR貰ったもんね。十分実益兼ねてるでしょ?(自慢げ)

次回はミュージシャンとしての姿勢について一言述べさせていただくよ。結構重要なことだからね。

具体的な手法はその後、少しづつ丁寧にさらしていきます。どうか楽しみにしていてください。

乞うご期待。(笑)

誰が見るんだろ、これ・・・

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*