音楽的雑談

モンハンの新作がPS4で2018年に出る。離れたファンもこれで戻るか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

ひと狩りいこうぜっ・・て何年か前に流行ってたよね。

モンスターハンターって知ってますか?

現代における超ヒット作です。ハンティングアクションゲームです。

それの新作の話題が出ていたんで、それに乗っかって話してみようかと(笑)このブログは作曲がメインの題材なので、モノづくりという視点から考察してみましょう。

でも今日のは完璧なる雑談です。音楽的な話にはなりません。

早速始めていきましょう。

モンハンワールド(新作)に想うこと

前置き:モノづくりって?

このブログは作曲をする人を陰ながら支援しようと思って立ち上げたのですが、たまに関係ない話題も書きます。

何故なら関係ない事柄から得たもので、創造物というものは作り上げられるからです。

曲を作るときに着想を他の曲から得ることはありますが、実際にはそれだけではありません。

たまたまその時読んでいた本からの影響だったり、職場の人との会話からだったり・・

ワタシの場合だと散歩の途中で起こったことも対象になりますね。今朝もカラスに襲われそうになりました(笑)多分近くに巣があるんでしょう。いつもそこを通ると威嚇されます。

何もしないよって言いながら見ると、木の上から明らかに怒った声色でギャーギャー言ってきます(笑)この前は頭をキックされましたね、すげえ軽くですけど。

そんなこんなも全部ひっくるめて影響されるわけです。

モンハンの新作は真の新作か?

さて・・モンハンの新作が来年2018年の春頃にPS4で発売予定だそうですね。

カプコンの公式サイトが既に出来上がっていました。イメージ的な動画もありましたよ。興味ある方は覗いてみてはいかがですか。

どうやら3DSではもう出さないようです。

これには賛成です。ワタシもモンハン、過去にハマった時期がありまして、PSPの時代ですね。そこから3DSに移って何作か続けたんですが・・

まあ、ものの見事にずっと変わらなかった(笑)

新要素を少しづつ足して、基本はほぼ変わらず。グラフィックもほぼ同じ。確かに面白かったんですがね。

さすがに飽きるわ(笑)

やり始めると確かに面白いんです。でもそれが何年も続くと、いくら新要素が足されてもそりゃ飽きるでしょって話ですよね。しかも毎回6,000円近く払うわけですから・・

近年のスマホでゲーム世代にはあってないんじゃないかな、課金するのはゲームにのめりこみ始めてからですよね。やる前から6,000円払う気にはならんでしょうね、今の人たち。

古参のファンは、据え置き機でソフトを選んで買って遊ぶ時代を体験した人たちが殆どでしょう。

買う前に試してみるなんてことが出来なかったし、情報は雑誌やTVの限られた媒体からしか得られなかったんです。バクチに近いですよね(笑)

子どもにとって5,000円なんて大金ですよ、買ってからこれクソゲーじゃん!ってこといっぱいありましたもんね(笑)

ドラクエだって過去面白かった実績があって、今も売れ続けています。でも一番面白かったのってやっぱり最初の数作だと思いますよ。あとは水増していっただけじゃないかな・・

でも、ドラクエはまだマシ(笑)

モンハンの近作の傾向は正直酷かった・・何回同じもの買わせるんだろう。

特にあの懐かしのモンスターが復活!あのフィールドが復活!なんてただの使いまわしじゃねえかよ(笑)過去作にハマった経験のある人の心理を揺さぶるテクですよね・・

これもマーケティング術か・・・なんかせこい(笑)

システムを意識しないゲーム作り

モノを売るときは狡猾にならざるを得ないのか?武士が営利を取らず、清貧を美徳としたのは分かる気がします。

それでも過去の実績から、経験から買ってしまうんでしょう。ワタシはさすがに途中でやめましたけど。初めてやった時の楽しさはもう途中から消えてなくなっちゃいましたからね。

ただの作業なら、する価値もないです。

スポンサードリンク

これが一時期、革新的に面白かったゲームのたどる道なのか?

新作はオープンワールドだそうです。カプコンはシームレスと表現してますけど・・

これは良い進化だと思ってます。

従来のエリアチェンジってなんか興がそがれる感じがあったんですよね。急に「ゲーム感」が出ちゃって。

ワタシが初めてモンハンをプレイした時、全く前情報を入れずいきなり始めたんです。だからどういうシステムなのかも全く分からず、大きなモンスターに見つからないように草陰に隠れたりコソコソ歩いたり・・

ゲーム的にはあまり意味なかったんですよね、それって(笑)エリアに入った時点でモンスターはこちらを認識するシステムですもんね。システムを理解するまでは本当の狩りのつもりで動いていたんです。

だからそういうシステム・・ゲームの裏で動いてるプログラムが意識されちゃうと興覚めなんですよね・・ファミコンの頃のドラクエはハッキリ言ってシステムが最初から目の前に見えまくりだったんですが。

でも素晴らしい音楽、人間を熱くさせるドラマ。

チープながら創造力が入る隙間がたくさんあったために、楽しめたんでしょう。

ゲーム感薄目でドキドキ感マックス

地形を利用したり、人間と獲物との駆け引きだったり、つまりドキドキ感あふれる狩り。知恵を絞って達成する狩り。

ここで、前置きに出た話とも繋がるんですが、

例えば、

森の中でモンスターを探しているとき背後からすっと伸びた影に気づいて、間一髪逃げ出すとか(笑)そういう時は音楽の効果を入れず、あえて森の音のみ・・足音のみ。

寝ていたモンスターと目が合って、こちらが動こうとすると身構える。止まると寝るみたいな駆け引きとか。

頭上に垂れてきたヨダレで気づくとか(笑)

見上げたら、木の上に大量のモンスターがいてビビり一目散に逃げるとか。

木の密集してるところに誘い込んで、はめてるうちに逃げるとか。若しくは自然の大穴に誘い込んで落とすとか。

何か逃げるときの事ばっかり提案してますけど。(逃げるって一番ドキドキしませんか?)

だってモンスターの視点からみても狩りですからね。こちらに見つからないよう背後から襲ってくることもあるでしょう。そこをうまく演出してほしいんですよね。

そういうものを期待しちゃいます。あまりど派手なアクションなど必要ないんですよね。ハッキリ言って。

いわゆるゲーム的に想像できるものばかり追加されても、ゲームっていう括り以上の効果って出ないですよね?

これはゲームだから仕方ないな・・って思った時点で興覚めでしょう。

人間の創造力をうまく引き出させてくれる一見ゲームには無意味な要素・・

それが欲しい。難しいだろうけど。

ただリアルに、現実っぽくっていうのも少し違う。

とにかく、ゲーム的に見栄えのいいエフェクトとか、そんなもん狩りゲーに必要なのかって話なんです。圧倒的な自然の驚異、モンスターに小さい人間が立ち向かう・・

そのドキドキ感を思い出させてくれたら、また購買意欲も出そうだけど。

あなたはモンハンの新作に何を望みますか?

それではまた。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*