音楽的雑談

奥田民生の「休日」が宅録的で最高に素敵な1曲に仕上がってますよ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

へへへ。ゲーテちゃんです。

あなたは奥田民生をご存知ですか?

まあ知らない人の方が少ないでしょうかね、大分世間の認知度が上がりましたからね。

ワタシ世代には、90年代初頭のユニコーン時代が印象強いのではないでしょうか。若手の頃のダウンタウンともからみあったしね、当時ごっつええ感じを見て大爆笑していたもんです。ワンコーナーにも登場してましたよね、阿部Bと民生の2人で。

ソロになってからもド級の名曲を数多く世に放っていますけれど、今回あなたにご紹介したいのはどちらかというとあまり目立っていませんね世間的には。

しかし高校生当時も、今もずっとこの曲は名曲だと思い続けています。

その曲とは・・・?

奥田民生の初ソロ作品

ソロシングル休日

92年8月29日発売。税込み800円。限定版ジャケット。8㎝短冊型シングルです。貴重なんですかね?これって

ユニコーン時代の1992年に発表されたシングル「休日」。

これねえ、あんまりプッシュされてないみたいなんですけどね。

名曲ですよ?

ソロ時代しか知らない人は、この曲のカップリングの「健康」の方をご存知かもしれませんね。ライブでもやってるみたいですし。しかし「休日」のライブは聴いたことないな・・

ベストにも入ってないし、本人気に入ってないのかね。

まあライブ映えしそうにない曲調ですし、レコーディングならではのアレンジって気もします。彼の活動の主軸はライブだそうですから、余計演奏されなさそうですね。

彼は最近全部ひとりで演奏して発表したりしてますけど、その先駆けとなった初作品ですよ。時期的にはヒゲとボインの後くらいだから、バンドサウンドなんだけど音処理が凝っているんです。

最近の飾り気ない生のバンドっぽい感じじゃない。

ビートルズがレコーディングに凝っていた時期、マジカルミステリーツアーあたりの感覚で作ったんじゃないかな。ポップで音も凝っていて、ベースはバンドサウンド。最近のソロとは違う。

これ当時8㎝シングル買いましたよ、しかも限定版ね。800円でした。

何年か前12㎝シングルで再発されてましたよね。まあItunesでも聴けるし、そこまでレアではないんでしょうけど。

スポンサードリンク

※これらの写真は、93年頃にワタシが買ったシングルを撮影したものです。

休日のいいところ

やっぱり宅録ミュージシャンとしては、彼のひとり多重録音っていうところが良いですよね。当時26、27歳くらいです。若いですねー。

でもその頃のワタシは高校生で、彼の発言や今と変わらぬ態度から「オッサン」イメージがありました。でもその数年前はいかにもバンドブームの若い兄ちゃんだったんです。今の姿からは考えられませんが・・かわいいとか女子からの人気は凄いものがありました・・

まだワタシは宅録を始めて間もないころでしたので、この曲をひとりで作り録音したことに強いあこがれを抱きました。

俺も必ず、作詞作曲という表記を自分の名前の前につけられる曲を作るんだ。

そう思わせてくれた大事な曲なんです。

曲調はネオアコのような雰囲気もありつつ、しっかり彼らしいサビが印象的。間奏部分の音響も凝っていて最近の作品ではまず見られないアレンジです。ギターの音質からか、ジャケ写真のイメージからか海に潜ったような音世界です。

最近の作品はライブ重視のため、あまり凝った音響の作品は作らないようですが、こういったアレンジセンスも聴きどころのひとつ。

というわけで、奥田民生の「休日」は名曲です。

是非、聴いてみて下さい。CDでは手に入りづらいのかな、まだ12㎝シングルは店頭にあるんでしょうか。先ほども伝えましたがItunesでも購入できますので、興味があればどうぞ。

なんでベストに入ってないんだよこれ・・・

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*