オリジナル作曲方法

音楽理論不要!ワンフレーズでオリジナル曲を生み出すテク!その①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

どうも!ゲーテちゃんです。

皆さん日々作曲活動に従事されていることと思いますが、どうですか?

売れそうな曲出来ました?

・・・売れる曲作れてたらこんなブログ見てるわきゃないっての。

なるほど。まあそうですよね。売れそうな曲。正直ワタシにもわからないです(笑)

少なくとも分かるのは、最近の曲の構造って案外単純ってこと

アメリカのヒット曲なんてほんと単純明快ですよね。コード進行に凝る、展開を細かく作る・・なんて方法とは真逆をいってる感じがします。むしろ1個のネタをうまくアレンジして景気よく仕立て上げてる。なんかそんな現代版バブルガムポップ製造法があるようです。

つまりワタシのやりたい事とは割と真逆。なるほど肌に合わねえわけだよ(笑)

ですが、1個のネタから広げるという点は使えますよね。アイデアとして。

コード進行なんて、大体好みの流れってものが作ってるうちにある程度決まってくるもんです。そうなるとマンネリになったりネタ切れで苦しむ羽目になるんです。

じゃあいっちょワンフレーズから短い曲作ってみますか?(長いのは勘弁)

実践!ワンフレーズからオリジナル曲を作ってみよう その①

というわけで、今回から数回に分けてお送りする「ワンフレーズから曲を生み出す実践編」。

果たしてまともなものが出来るんでしょうか?

「いや出来るよ?」

だってワタシの25年のキャリアで得た経験と勘がそういってます。別に25年も費やさなくてもあなたならできますよ。人がやってる方法を実際に試すことによって、自分の血肉としていくんです。

だからこれからワタシがやること。あなたもそっくり真似してみて下さいね。

ほんじゃ行きましょう。

仕事中にワンフレーズ思いついた

ハイ、4日くらい前ですかね。急にあるワンフレーズが口をついて出てきました。しかも仕事中に。

幸いにもワタシはデスクワークではありませんので、仕事しつつもひたすらそのフレーズを口ずさみながら、はっきりしたラインが出来るまで待ちました。

大体形が出来てきたので、忘れないうちに録音しておこうと思い、まず

①人気のないところに移動します。

さあ準備は整いましたか?人はいませんか?いたらこっぱずかしいですよ?(笑)

人払いが済んだところでスマホを取り出し、音声レコーダーのアプリを開きましょう。iPhoneでもandroidでも大抵デフォルトで入ってますよね。それでいいです。凝ったものは必要ありません。

②音声レコーダーに、思いついたフレーズを録音する。

ワンフレーズ思いついたら鼻歌歌って整えて、スマホに録音だ。これは売れるぞ~の気持ちも大事だ(笑)

さっき思いついたフレーズを鼻歌程度の歌い方で吹き込みます。別にラララでもシャナナでもにゃにゃにゃでもいいんですが、とにかくメロのラインが聞き取れる程度に歌います。ちなみにワタシはこの時は2回歌いなおしました。

スポンサードリンク

歌いなおしてるのにすげえいい加減(笑)でも何となくのラインは聞き取れますよね。録音した後もずっと口でドラム足した感じとか、コーラスが入ってくる感じとか・・ずっと鼻歌歌いながら仕事してました。(集中しろ)

このフレーズから思いついた青写真

ずっと口ずさんでいて、思い出したのはT-REXでした。短いリフに、フロアンドエディの高音コーラス。

ああなるほど。じゃあT-REX風にアレンジしてみよう。そう思い立ちました。よし!じゃあ早速家に帰ったら録音だ!・・・

と思ったんですが、社畜サラリーマンの宿命の残業。20時30分まで働き、40分かけて家に戻ります。その間、車で聴く音楽はもちろんT-REX。思いついたアイデアの色を濃くするため、本家T-REXを聴いてイメージを鮮明にします。

別にパクるって意味ではないですよ?設計図を作るイメージです。

家に着いたら録音開始だ!

さあいよいよ家に到着しました。早速とりかかろうと思ったら、家族がPCを使用していました(笑)

家族兼用PCですので、文句も言えず。その間遅い晩飯を済ませ、明日の準備(弁当の用意など)を整え、いよいよだという時に睡魔が襲ってきました(笑)

もう0時を回っておりました。そんな時間にエレキとはいえジャカジャカ出来ない・・集合住宅だし、まして家族は寝ている。明日も6時起きだ。

諦めましょう!

サラリーマンという職業が曲を作れない原因の第一位

もう絶対これ!100%これ!

10時間以上神経すり減らして働いて帰ってきて、深夜作業する気力なんてもう残ってねえわ!

日本の9割はサラリーマンという現実。ここを変えていかない限り日本の音楽は衰退の一途をたどりますよ。マジで。本気で脱サラしたくなってきた・・・

と嘆いてても仕方ないです。とにかくこれを見ている貴方のために何とか良い見本を作ってみせます(笑)

出来上がりをみて、「これなら俺でも出来そう」って思ってくれるように・・

とりあえずまとめ

①仕事中、若しくは勉強中。ワンフレーズ思いついたらまず鼻歌で少し形を整える。

②人気のない場所に移動し、スマホに音声アプリで録音。(忘れないために)

③フレーズから連想されるアレンジも考える、鼻歌で(ドラムパターン、ギターリフ、コーラスなど)

今回の「実践!ワンフレーズからオリジナル曲を生み出すテクニック」は以上です。次回はこの続き、具体的な録音作業に突入していきましょう。

その②でお会いしましょう。

乞うご期待。

その②に続く。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*