オリジナル作曲方法

曲作りのコツは大喜利的発想?DTM初心者でもアイデア量産できる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

腹黒い男、ゲーテちゃんです。

さて。皆さんにおかれましては日夜熱心に曲作りに励んでらっしゃることと思いますが・・・

曲作りに詰まった時ってどういう時でしょう?

  コード進行がありきたりだ

  何曲も作ってきて他のパターンが思い浮かばない

なるほど・・こういうのよくありますよね。特に初心者なんかは引き出しも狭いから、すぐ手札も尽きてアイデアが枯渇しがちですよね。

で、コードブックとか作曲指導してるサイト閲覧し始めて、気づいたらYouTubeに見入っちゃって。

結果 なにも出来ない

これはあるあるじゃないですか?集中しろよ(笑)

でも正直ゼロから曲を生み出すのって結構きびしいですよ。やっぱとっかかりがないとね。そんなときはこうしてみたら?っていうものを今回提案してみます。どうぞお付き合いください。

大喜利の発想

曲のお題を決める

笑点ってみたことあります?日曜夕方17:00から放送してる長寿番組です。(知らない人いないよね多分)その中の名物コーナー「大喜利」。

さまざまなお題が出され、そのお題に即した面白い解答をあげていくというもの。

ようはこれを取り入れましょうって話なんです。つまりは

 一人大喜利

漠然といい曲作ろうとか、最高のコード進行考えて・・・とかまず無理ですよね。そうじゃなくて

抽象的なお題を設定して、そこから連想ゲームのようにアイデアを出して行く

この方が、イメージが湧きやすくなるんですよ。例えばワタシは過去こんな感じでお題を設定したことがあります。

例 80年代のアイドルが歌いそうな歌

こんなお題をまず設定しました。でもこのままではまだざっくりしてますよね。大喜利で言えばお題が発表されて、みんな考え始めるところ。そして挙手が始まれば連想ゲームスタート(笑)

面白い解答を考え得る限り出してみる

基本一人大喜利ですから、一人で色んな解答出して行かなければいけないんです。ワタシの場合、このお題から連想したのが以下のとおり。

    少女漫画みたいな主人公

    チアガールみたいなオルガン

 色恋まじえた世界観

 基本自分に酔っている

 軽めのテンポ

パッとこんな感じで思いつきましたね。

アイドルって言っても80年代ですからね。ちょっとファンタジックなイメージがあって、少女漫画っていうキーワードが浮かんだのです。これを表現するには実際には歌詞で反映することになるでしょう。

スポンサードリンク

チアガールみたいなオルガン、これは当時見ていたフルハウスのキミーが弾いていたオルガンが馬鹿っぽくて印象に残ってたんですね。たまたまそういう話だったんでしょう。でもその記憶がこのお題となぜかリンクしたということです。アイドルに少しお馬鹿さんっぽいイメージをもってるのはただの偏見です(笑)

色恋交えた世界観。これも最初の少女漫画からさらに連想されてでてきたワードです。まあアイドルだし、色恋はマストでしょう。政治のこと歌の中で言及するアイドルなんていない。

基本自分に酔っている。少女漫画で色恋なら、完璧酔ってますよね(笑)これも上記のアイデアから連想されたものです。芋づる式です、こういうものは。

軽めのテンポ。アイドルなんであんまり重たい曲調は好ましくないな・・ということです。ここまでアイデアがでるとおのずと相応しい曲調が見えてきます。

アイデアから曲調を考える

上記アイデアの世界観を満たすため、さらに連想ゲームを進めましょう。ワタシ的にアイドルの歌う軽めな歌。

アップテンポでアコギ中心の音作り

これをベースにしていこうと決めました。

これはあくまでもワタシの発想であって、貴方の発想であればまた別なものになっていくでしょう。ただワタシの場合あまり本物志向ではなく、どちらかというとまがい物のほうに面白みを感じる質なので、モノホンにならないちょっとズレた感じに仕立てることにしました。

このベースに上記アイデア、チアガール的なオルガンを散りばめたアレンジにしていこう。つまりオルガンはお囃子的な挿入の仕方にしよう、と思ったわけです。

具体的な曲調は抽象的なお題から成る

というわけでアイデアの出し方の例を今回はご紹介させていただきました。

80年代のアイドルが歌いそうな歌って結構抽象的ですが、大喜利感覚で考えていけば意外とイメージが固まってくるんです。各々アイドルに対するイメージって全然違うでしょうから発想もまた違ってくるのは当たり前。

ワタシの場合、個人的なイメージやその他断片的な記憶が芋づる式につながって出てきます。連想ゲームなんです、アイデアの出し方は。

アイデアが出そろってくると、曲調が考えやすくなる。

漠然とコード進行から作るより遥かにイメージが湧きやすい。なぜなら世界観にあった曲作りをするのに、ふさわしくないコード進行やアレンジを試さなくていいから。

一回世界観が固まると早いですよ。具現化するのが楽しくてたまらなくなるから(笑)

是非お試しあれ。

最後に過去このお題で作られた曲を置いておきます。よかったら参考にしてください。あとこの歌歌いたいっていう変なアイドルの方いたら連絡してください(笑)

恋のデリバリー 2001年制作

次回も乞うご期待。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*