オリジナル作曲方法

【曲作り】自作曲をボカロに歌わせることでクオリティアップ出来る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサードリンク

ども。ゲーテちゃんです。

今日本で勢いのあるジャンル?ってやっぱりボカロなんですかね?

素人もプロも、ボカロpを名乗って曲を配信しまくってますもんね。実際アグレッシブな楽曲も多数ありますから、ワタシの曲作りは過去の遺物のようなもんなんでしょう。

とにかくボカロ曲に共通しているのが

「人間に歌うのは無理」

勿論全部じゃないですけど、ボカロにしか歌えない曲構成なんですよね。

歌詞がやたら詰まってたり、メロディが異常に細かい、リズムが性急・・などなど

ボカロは生身の人間ではないのだから、人間と同じアプローチをとっても意味がないってことでしょう。ワタシもこういったボカロ曲には刺激を受けたり、参考に出来る部分はたくさんあると思います。

でも、自分の聴きたい曲とはちょっと違う。

でも、好みではない。

でも、ボカロは流行りだし取り入れたい。

そんな風に思っている方も結構いるのではないですか?

実はワタシも、ボカロ使用経験ありますので

今回はボカロの活かし方について考えていきたいと思います。

ワタシのボカロの活かし方

あくまでゲスト扱い

ワタシはワタシの聴きたい音楽を作るために、これまで25年もひたすら宅録に励んできました。その長い活動期間の中で、自分の音楽に必要な要素がはっきり見えてきました。

その要素とは

バンド的な演奏、ダブル処理されたボーカル、分厚いコーラス

ワタシはこの3つの要素のどれかが必ず含まれている音楽が聴きたいのです。3つそろっていなくても良いんですが、どれか一つは必ず含まれていることがいい曲の条件だと思っています。

これがワタシの曲がオリジナルであるための根源です。

3つの要素のうち、2つは人間の声ですね。

つまり、

ワタシはボカロの歌声が聴きたいんじゃなくて、人間の歌が聴きたいんです。

人それぞれ、音楽に対して求めるものは違うでしょうから、人間の歌なんて聞きたくねえ!という方もいるでしょうし、バンド的な演奏なんて求めてねえ!俺はマシンミュージックが好きなんだ!という方もいますね。

かくいうワタシもボカロはもちろん。テクノ、ヒップホップ、ファンク。アンビエント・・などテクノロジーが肝の音楽も大好きなんです。

でも自分で作る音楽には、

自分が音楽に求める要素が含まれていないと、意味がないんです。

だから自分の音楽にボカロを使用する場合は、

完全にゲスト扱いです(笑)

間違いなく主役ではないです、客演。

本来、ボカロを使用する人にとっては主役はボカロなんでしょう。当たり前ですが・・

スポンサードリンク

でもワタシが聴きたい曲には、ボカロ自体がそぐわないですからね。なのでボカロにはゲストボーカルとして参加していただき、ワタシの曲の魅力を引き立てる役目を担ってもらう。

そんな気持ちで使用しております。

だから、あくまで楽曲はいつもの路線を逸脱することはありません。つまりボカロ独特の世界観を作り上げる気はさらさらない、ということです。

だからワタシがボカロ曲を世に送り出しても人気でないでしょうね(笑)

つらら。よく小学生の時折って食べてた(笑)特に記事内容と関係ありません。

せめてボカロがマッチしそうな曲で使う

ボカロのための曲を作らない。

これじゃあ、ボカロを使う意味がそもそもない。

でも使いたい(使ってみたい)

だったら、ボカロが歌ってもよさそうな曲はないか。

自分のストックを見渡してみると、使えそうなものが1曲ありましたね。

もともとギター主体のアレンジの曲で、勿論ワタシが歌ってます。曲の構成が割とオーソドックスで、サビもいわゆるカノンコードを使用してるので、親しみやすいかなーと思って採用してみました。

ワタシがこのブログでお勧めしてる、ワンフレーズ作曲法ではない、コード進行から作られた楽曲。

これならマッチするだろうと。

なので、聴いてみて下さい。

ただ、操作がよくわからないまま作り始めたので調教は全然できておりません。

ワタシと似たようなスタンスで、ボカロと接している方なら参考になるかな・・とは思います。

天文台(初音ミク版)2014年制作

ちなみにこれの元になったワタシが歌ってるやつは、また別の機会にさらします。

ボカロとの距離

というわけで、ワタシのように音楽を作る目的が割とはっきりしている人間であれば、

「ボカロはゲストボーカル」

というスタンスで行きましょう。

何も、自分の聴きたい音楽を捻じ曲げてまで、ボカロを導入する必要はないかと思います。

ボカロpがどんどん増えている。

それは、昆虫の行動に見られるような「群知能」じゃないでしょうか。1匹のアリが見つけたエサまでの近道を他のアリも追従しはじめる・・集合無意識っていうんですかね。

みんなが集まっているところに、列を作って集まっていく。

アリの巣みたいな状態。ワタシたちは人間でしょう?

音楽は、集団無意識で個人の能力以上の答えを導き出せるような世界じゃあないですよ。解釈違う?

まあ例えが的はずれかもしれないですが昆虫的な反応で、ボカロを取り入れたところで、良い作品はできないでしょう。必然性があるのならいいんですけど。

ブレずに、見極めて取り入れましょう。

じゃあここらへんで。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキング

コメントを残す

*